トップページ > 解説:青汁丸分かり辞典「青汁で花粉症などのアレルギー疾患を改善」

今、野菜不足による色々な問題がクローズアップされています。外食の増加などにより、子供の栄養の偏りや、病気への影響も懸念されています。もともと日本人は農耕民族ですから、野菜が不足するとたちまち健康に悪影響が出てしまうわけですね。
そうした野菜不足の解消に役に立つのが「青汁」です。青汁は、ケール大麦若葉といった主原料の違いはあれど、どれも飲みやすく、また栄養豊富に作られています。また丸ごと野菜の栄養を摂取できるため、野菜不足を補うのに最適な健康食品と言えます。

青汁丸分かり辞典「青汁で花粉症などのアレルギー疾患を改善」

今、野菜不足による色々な問題がクローズアップされています。外食の増加などにより、子供の栄養の偏りや、病気への影響も懸念されています。もともと日本人は農耕民族ですから、野菜が不足するとたちまち健康に悪影響が出てしまうわけですね。

そうした野菜不足の解消に役に立つのが「青汁」です。青汁とは緑黄色野菜をすりつぶした絞り汁のことですが、一般的にはケールや大麦若葉を主成分にしたものが有名です。丸ごと野菜の成分が入っているため、栄養分や食物繊維が豊富で、野菜不足を補うのに最適な健康食品と言えます。

青汁に含まれる主な栄養素としては、食物繊維のほか、ビタミンA、ビタミンC、ベータカロチン、カルシウム、葉緑素などがあります。野菜を丸ごとすりつぶしているので、これらの成分が多く含まれているだけでなく、バランスよく配合されていることも魅力です。栄養素は単独で働くだけでなく、栄養素同士が協働して働くことも多いため、相性のいい栄養素のバランスというのはとても重要です。

こうした健康に良い青汁ですが、特にケール青汁については花粉症などのアレルギー性疾患にも有効であることが分かってきました。健康食品大手であるファンケルが、ケール青汁に含まれる糖脂質やフラボノール配糖体の働きを調べた結果、明らかになった効能です。

◆ファンケルがケール青汁に含まれる糖脂質やフラボノール配糖体の働きを調べた実験

ケール青汁由来の成分であるフラボノール配糖体等を、アレルギー性疾患の原因の1つとなる免疫細胞に添加した結果は以下の通りです。



花粉症などのアレルギー性疾患を引き起こす因子の一つがインターロイキン4=IL−4と呼ばれる物質です。花粉が体内に入ると、免疫細胞からこの物質が分泌され、様々なアレルギー症状を引き起こすわけですが、グラフの通り、ケール由来の糖脂質やフラボノール配合体によって、分泌が抑制されている事が分かります。

この働きによって、ケール青汁には花粉症を軽減する働きが期待されている、というわけです。

このようにアレルギー疾患に悩む人にもうれしい効果のある青汁ですが、以前は「マズイ食べ物」の代名詞のようになっていましたが、今は商品開発も進み、より飲みやすくなっています。また、どうしても飲めない人にはタブレットタイプのものも販売されていますね。

野菜不足で栄養が偏りがちな現代人にとって、「青汁」の必要性はますます増しています。ご自分の美容や健康、さらにアレルギー症状が気になる方はぜひ「青汁」を試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新の青汁比較ランキングはこちら

目次

トップページ
青汁比較/口コミ評判ランキング
青汁の基本
青汁丸分かり辞典
青汁を使った健康法
ケールの青汁とは?
大麦若葉の青汁とは?
青汁百科
明日葉青汁の魅力
青汁で更年期対策
青汁最新ニュース

口コミを投稿する