トップページ > コラム:青汁百科「青汁体験談3:若ハゲ」

今、野菜不足による色々な問題がクローズアップされています。外食の増加などにより、子供の栄養の偏りや、病気への影響も懸念されています。もともと日本人は農耕民族ですから、野菜が不足するとたちまち健康に悪影響が出てしまうわけですね。
そうした野菜不足の解消に役に立つのが「青汁」です。青汁は、ケール大麦若葉といった主原料の違いはあれど、どれも飲みやすく、また栄養豊富に作られています。また丸ごと野菜の栄養を摂取できるため、野菜不足を補うのに最適な健康食品と言えます。

コラム:青汁百科「青汁体験談3:若ハゲ」

ここから実際の青汁の体験談をご案内したいと思います。今回は大阪市在住の女性の方の体験談です。

夏も終りの事でした。サンパツに行って帰ってきた子供が、「お母さんたいへん、サンパツ屋さんのおじさんが、ハゲが出来ていると言っていたので見て」と言いました。

「どれどれ」と言って、私が子供の頭をみて見ると、丁度十円玉ぐらいの大きさに、頭の後の髪の毛が丸くぬけていました。

すぐ近くの皮膚科へ診察を受けに行きました。

ぬけかけた毛は、止まる事もなく二か月ぐらいの間にどんどんぬけていきました。

なんとかしてほしいと、それから病院通いが始まりました。

大阪の大きい病院という病院。小児科、皮膚科、神経科と、わらをもつかむ気持ちで門をくぐりました。

一度ぬけてしまった毛は、なかなか生えませんでした。

それどころか、毎日副腎皮質ホルモンのはいった薬を塗布し、また、一週間おきに注射するため頭皮がうすくなって、寒い日などは皮膚にひび割れができるほどでした。

人様が良い薬やと、おしえてくれる事は、どんな事でもこころみました。飲み薬、注射、黄菊センブリ、マッサージなどなど。

以前から「ケールを飲み、体質を改善したら」とすすめてくれていたケールを飲むようになりました。

最初は半信半疑でしたが、職場の横の空地にケールを植えて、毎日持ち帰り、洗って、息子に飲ます毎日が始まりました。

当初は「青くさいから嫌や」とか、「夏はにがい」「冬は甘いから嫌や」と文句ばかり付けて飲む子でしたが、朝も夜もケールジュースを作りました。

三か月も飲んでいると、少しづつ毛が生えてきました。

私はうれしくて、涙が出て止まりませんでした。

子供もニコニコして喜びました。もう苦いなどと言いませんでした。

私がケールを持って帰るのを忘れた日などは、「今日はケール無いの?」と催促するようになりました。

髪の毛もだんだんのびました。

今では毎月カットに行くぐらいです。

ケールで体質改善が出来たのです。

「ケールを、もっともっとみんなに知らせなあかんなあ」と本人も言っております。

ケールの持っている効果を、もっともっと多くの病む人に、健康な人に、青汁健康法を広めていきたいと思っております。

参考になさってください。

ちなみに青汁のネックといえばクセのある味ですが、初心者には飲みやすい錠剤タイプのものや、抹茶のような味に改良された飲みやすいタイプのものも販売されていますね。ご興味がある方はご検討ください。

>>>青汁比較

口コミを投稿する

目次

トップページ
青汁比較/口コミ評判ランキング
青汁の基本
青汁丸分かり辞典
青汁を使った健康法
ケールの青汁とは?
大麦若葉の青汁とは?
青汁百科
明日葉青汁の魅力
青汁で更年期対策
青汁最新ニュース

口コミを投稿する