トップページ > 解説:青汁の基本「青汁を飲むメリットは?」

今、野菜不足による色々な問題がクローズアップされています。外食の増加などにより、子供の栄養の偏りや、病気への影響も懸念されています。もともと日本人は農耕民族ですから、野菜が不足するとたちまち健康に悪影響が出てしまうわけですね。
そうした野菜不足の解消に役に立つのが「青汁」です。青汁は、ケール大麦若葉といった主原料の違いはあれど、どれも飲みやすく、また栄養豊富に作られています。また丸ごと野菜の栄養を摂取できるため、野菜不足を補うのに最適な健康食品と言えます。

青汁の基本「青汁を飲むメリットは?」

今、野菜不足による色々な問題がクローズアップされています。外食の増加などにより、子供の栄養の偏りや、病気への影響も懸念されています。もともと日本人は農耕民族ですから、野菜が不足するとたちまち健康に悪影響が出てしまうわけですね。

そうした野菜不足の解消に役に立つのが「青汁」です。青汁とは緑黄色野菜をすりつぶした絞り汁のことですが、一般的にはケールや大麦若葉を主成分にしたものが有名です。丸ごと野菜の成分が入っているため、栄養分や食物繊維が豊富で、野菜不足を補うのに最適な健康食品と言えます。

青汁に含まれる主な栄養素としては、食物繊維のほか、ビタミンA、ビタミンC、ベータカロチン、カルシウム、葉緑素などがあります。野菜を丸ごとすりつぶしているので、これらの成分が多く含まれているだけでなく、バランスよく配合されていることも魅力です。栄養素は単独で働くだけでなく、栄養素同士が協働して働くことも多いため、相性のいい栄養素のバランスというのはとても重要です。

青汁の効果や効能については科学的な検証も進んできていますが、時には現代医学が見放したような難病が治るケースもあります。

そうしたうれしい効果の最大の要因と考えられるのが宿便の改善です。宿便はいろいろな理由で起こりますが、その背景には現代人の「大食」があるのは間違いありません。

大食によって腸内に大量の食べ物が送り込まれてくるとこれを処理するために胃腸は酷使されます。それにも関わらず大食を続けているとしだいに胃腸の力が衰えていきます。この状態を腸マヒと呼んでいますが、こういう状態になると食べたものが排泄できなくなり、腸管に消化しきれなかった便が停滞してきます。

宿便というのは胃腸の処理能力を超えて負担をかけ続けた場合に、腸管内に停滞する排泄物のことです。大食の習慣が長く続けば続くほど宿便の量はしだいに増えていきます。この宿便が万病のもとになります。

宿便を排泄させるためには弱った腸の力を回復させ、宿便を早く排泄し、腸マヒを治す体質改善をするほかありません。

青汁は腸を刺激し、この宿便を早く排泄する効果を発揮するのです。

このように抜本的に現代人の万病のもとを改善する青汁の働きをまとめると以下のようになります。

1.青汁によって万病が改善し、体質改善が図られる。
2.青汁により頭脳が明晰になる。
3.青汁によって高い美容効果が期待できる。

加えて青汁には他のすぐれた点もあります。青汁を飲むと、大量の野菜を生で食べることになり、上記の通り野菜の食物繊維やビタミンをそのままの状態で、自然の形で大量に摂ることができる、という点です。

こうした栄養素は、日本の食生活が洋食化・肉食化する中で、普通の食生活を送っていても不足しがちなものです。ですから、1日1回でも青汁を中心とした食事をすることで、酷使されている胃腸を休め、食生活の偏りを正すという意味で健康維持に大きな効果を発揮するのです。

青汁のネックといえばクセのある味ですが、初心者には飲みやすい錠剤タイプのものや、大麦若葉系の抹茶のような飲みやすいタイプのものも販売されていますね。ご興味がある方はご検討ください。

>>>最新の青汁比較ランキングはこちら

目次

トップページ
青汁比較/口コミ評判ランキング
青汁の基本
青汁丸分かり辞典
青汁を使った健康法
ケールの青汁とは?
大麦若葉の青汁とは?
青汁百科
明日葉青汁の魅力
青汁で更年期対策
青汁最新ニュース

口コミを投稿する